ロッテ鈴木大地 FA検討へ「しっかり考えたい」、守護神・益田も行使の可能性

[ 2019年9月25日 08:20 ]

ロッテ・鈴木
Photo By スポニチ

 ロッテ・鈴木大地内野手(30)が、今季取得した国内フリーエージェント(FA)資格の行使を検討することが24日、分かった。

 この日は明確な回答は避けたが、親しい関係者には「周囲の方々のおかげで取れた権利。しっかり考えたい」と話しているという。行使した場合、複数の球団による争奪戦に発展しそうだ。

 今季27セーブの守護神・益田直也投手(29)も行使の可能性があり、球団側は宣言残留を認めた上で両選手を全力で引き留める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース