大船渡・佐々木、10・2プロ表明会見 佐々木「これからも野球を続けていく」

[ 2019年9月25日 05:30 ]

U18高校日本代表の佐々木朗希(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 大船渡の佐々木朗希投手(3年)のプロ表明会見が10月2日に行われる。24日、同校が発表した。午後6時から大船渡市内で行われ、2日中にもプロ志望届を提出するとみられる。

 4月には「国内でプロ一本です」と話していた右腕。それでも、韓国で行われたU18W杯の帰国時には「(プロ志望届の提出は)帰ってから考えたい」とし、母・陽子さんや学校側と話し合いを重ねて決意を固めた。

 既に1位指名を公言している日本ハムを筆頭に、全12球団が1位候補に挙げる逸材は、各球団との面談を経てドラフト会議に臨む。あるセ・リーグのスカウトは「こちら側の育成方針や、高校でどんな練習を行っていたかを話せれば」と希望。会見翌日の3日以降、順次行う予定だ。

 高校野球生活を振り返り、佐々木は「これからも野球は続けていく。経験を次のステージに生かしていきたい」と話した。黄金右腕が改めて語るプロ入りへの決意表明に、日本全国の注目が集まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース