西武・金子侑、貴重適時打「いい場面で打てた」 盗塁王独走41個

[ 2019年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   西武12―4ロッテ ( 2019年9月24日    ZOZOマリン )

2回1死満塁 適時打を放つ金子侑 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 2回1死満塁で左前適時打を放った西武・金子侑は「いい場面で、いい流れで打つことができた」と喜んだ。今季は打撃、走塁だけでなく、俊足を生かした守備でも連覇に大きく貢献し「去年もうれしかったけど、今年はもっとうれしい」。

 今季の目標は優勝と盗塁王。現在41盗塁で2位に10個以上の差をつけており、3年ぶりのタイトルは確実だが「終わった時に獲れれば喜びたい」と笑顔で話した。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース