西武、内海と来季も契約へ 今秋フェニックスLに参加志願 今季は1軍登板なし

[ 2019年9月25日 06:00 ]

西武・内海
Photo By スポニチ

 西武が内海哲也投手(37)と来季も契約を結ぶ意向であることが24日、分かった。内海はシーズン終了後、10月7日から宮崎県で行われるフェニックス・リーグに参加予定。本人の希望だといい、球団関係者は「(内海が)行きたいと言ってきた。(来季も契約という)そういう認識でいい」と話した。

 内海は今季、巨人にFA移籍した炭谷の人的補償として西武に加入。経験豊富なベテランとして期待されたが、開幕前に左前腕を肉離れし、その後も別メニューでの調整が続いた。1軍での登板はなく、この日のイースタン・日本ハム戦では6回を投げて8安打5失点。CS、日本シリーズで登板する可能性も残されているが、来季は西武で完全復活を目指すことになる。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース