西武・外崎、2安打2四球でチャンスメーク 今季から二塁転向「いい経験になった」

[ 2019年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   西武12―4ロッテ ( 2019年9月24日    ZOZOマリン )

2回1死、左前打を放つ外崎(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 浅村の楽天移籍で、今季から二塁転向となった西武・外崎は「二塁とかで不安もいろいろとあった。前半は打撃で迷惑を掛けたけど立て直せていい経験になった」と喜んだ。

 この日は2安打2四球でチャンスメークに徹した。2回1死から左前打で出塁すると二盗に成功し、栗山の中前打で先制のホームを踏んだ。3回も中前打を放ち、山川の2ランで生還。26本塁打、22盗塁と走攻守で連覇に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース