西武、祝勝会でも大暴れ ビール3000本が20分で泡 熊代はモノマネで大爆笑ゲット

[ 2019年9月25日 05:30 ]

西武2年連続リーグ制覇

熊代は金髪で登場し、森の物まねを披露(撮影・尾崎有希)
Photo By スポニチ

 千葉市内の宿舎で祝勝会が行われた。西武・後藤高志オーナーは「選手諸君に心から感謝したい。誇りに思う。日本一になった暁にはホノルルと同時にハワイ島も行きたい。今年は7泊9日で行こう!約束します」と優勝旅行グレードアップのご褒美を約束。辻監督は「感謝しかない。よく頑張ってくれた。思う存分暴れてください」とあいさつ。ビールかけは増田選手会長が「2連覇獲ったどー!」の掛け声で始まり、用意されたビール3000本が20分で泡と消えた。

 最後は主将・秋山があいさつした後、昨年に続いて熊代が登場。中村のモノマネや金髪のカツラで森に扮し、「最近の口癖は“(首位打者を争うオリックスの)吉田正尚打った?”」と決めて会場の大爆笑を誘い、お開きとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年9月25日のニュース