中大後輩・沢村、阿部の引退惜しむ「あんな別格な人はいない」

[ 2019年9月25日 05:30 ]

巨人・阿部、今季限りで引退決断

2012年日本ハムとの日本シリーズでサインを見落とし阿部から愛のムチを受けた沢村(左)
Photo By スポニチ

 中大の後輩でもある沢村は「衝撃です。今日の段階では受け止めきれない部分がある。野球人としても、人としてもあんな別格な人はいない」と引退を惜しんだ。12年に日本ハムと激突した日本シリーズ第2戦でけん制のサインを見落とし、ポカリと頭を叩かれる“愛のムチ”を受けたこともあった。

 24日の試合前練習では外野で、座った阿部に球を受けてもらい「できることなら1時間でも2時間でもやりたかった。感謝しかない。阿部さんを絶対に日本一にして、一番良い形でという気持ちは強くなった」と話した。

 【巨人ナイン尽きぬ感謝】
 ▼マシソン バッテリーを組んでいた時から「8割、80%で」といつも言われていた。力み過ぎないようにと。昨日(23日)も投げ急いでいたことに気づいてベンチから“8”って書いて(合図を)送ってくれた。

 ▼山口 気に掛けてフォローしてくれたりして感謝しています。昨日(23日)の試合後、直接連絡を頂いた。日本一になって送り出せるように頑張るだけ。

 ▼大竹 対戦相手の時から別格で受けてもらえて光栄だった。勝負に徹する強さを勉強させてもらった。

 ▼村田ファーム打撃兼内野守備コーチ 阿部さんを目標にしていた。ホームランだけは負けたくないという気持ちは持っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース