西武・栗山、大量12点火付け 大逆転連覇に「夢を見ているような気分」

[ 2019年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   西武12―4ロッテ ( 2019年9月24日    ZOZOマリン )

2回1死一、二塁、先制中前適時打を放つ栗山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は36歳のベテラン栗山が先制打を放った。2回1死一、二塁、フォークを中前へ。大一番での価値ある一打を「何とか点を取りたいという気持ちがいい結果につながった」と喜んだ。

 西武一筋18年目で、今季は球団の通算最多安打記録を更新。大逆転でのリーグ連覇に「信じられない。夢を見ているような気分」と感無量の様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース