中日7年連続Bクラス確定 ロメロ来日最短KO 打線はわずか3安打

[ 2019年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―7DeNA ( 2019年9月24日    ナゴヤD )

DeNAに敗れCS進出の可能性がなくなり、あいさつを終え険しい表情で引き上げる与田監督(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日はDeNAに大敗を喫し、4試合を残してCS進出の可能性が完全消滅した。与田監督は「事実はすべて受け入れた上で、明日からの戦いに切り替えていく」と現実を受け止めた。

 先発・ロメロが初回に宮崎に3ランを浴びるなど、来日最短の1回2/3を4失点で降板。打線も3安打と淡泊な内容に終わった。球団記録を更新する7年連続Bクラスが確定し、勝率5割以下も決定。指揮官は今季の戦いを「シーズンが終わってからお話します」と語るにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース