中日・石川駿が今季初安打「流れに乗っていきました」走者一掃の適時三塁打で最終盤に猛アピール

[ 2019年9月25日 21:42 ]

セ・リーグ   中日12ー0ヤクルト ( 2019年9月25日    ナゴヤD )

<中・ヤ>7回裏2死満塁、代打・石川駿は今季初安打となる右越え3点適時三塁打を放ち、笑顔で奈良原コーチ(左)とハイタッチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の石川駿が今季初安打を放った。

 9―0の7回2死満塁から代打で登場し、平井の外角直球を強振。打球は右翼手・山崎の横をすり抜け、走者一掃の適時三塁打となった。大量リードだっただけに「皆さんの良い雰囲気で回してもらったので、その流れに乗っていきました」と謙遜したものの笑みを浮かべた。

 ウエスタン・リーグでは打率・317と首位打者。19日に1軍昇格し、シーズン最終盤に猛アピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月25日のニュース