ヤクルト・広岡 初の2桁本塁打到達 4試合ぶり一発「甘い球でしたが…」

[ 2019年9月22日 19:11 ]

セ・リーグ   ヤクルト―巨人 ( 2019年9月22日    神宮 )

<ヤ・巨>3回2死一、二塁、広岡が勝ち越し3ランを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの広岡大志内野手(22)が自身初の2桁本塁打に到達した。22日の巨人戦(神宮)に「6番・遊撃」で先発出場。同点の3回2死一、三塁から桜井の高めの139キロ直球をバックスクリーンに運んだ。

 16日の広島戦以来、4試合ぶりとなる10号3ラン。「甘い球でしたが、ミスショットすることなく一発で仕留めることができました」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース