大経大 サヨナラ先勝!岩切「全部振る気持ちで」V打

[ 2019年9月22日 16:41 ]

関西六大学野球秋季リーグ戦 第4節1回戦   大経大2―1大院大 ( 2019年9月22日    わかさ京都 )

 大経大がサヨナラ勝ちで先勝した。1―1の9回2死満塁、岩切海斗内野手(4年=鳥羽)が左前にサヨナラ打。「最後は場面も場面なので、バットの届くところは全部振る気持ちでした」と笑顔で振り返った。

 開幕から順調に勝利を積み重ね、勝ち点は首位・大商大と並ぶ2。直近10季で7回の優勝を誇る大商大とは最終節で対戦する。巨人、オリックスで活躍した山本和作監督は「僕としては一つも落とすつもりはない。商大さんは誰かが止めないといけないが、ウチとしては全チームに挑戦者の気持ちで向かっていくだけ」と力を込める。昨年は春、秋ともに4位ながら、地力を付けて今春は2位に食い込んだ。07年秋以来、24季ぶりの優勝に向け、一丸で進む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース