オリックス、西村監督の来季続投発表 巻き返しへ「若手のレベルアップをするしかない」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

来季続投が決まり練習でも笑顔を見せる西村監督(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは21日、西村徳文監督(59)の来季続投を発表した。湊通夫球団社長(56)が京セラドームで会見し、「今朝、来季留任をお願いし、ご快諾いただいた」と話した。契約年数は非公表。西村監督は昨オフにヘッドコーチから昇格し1年契約を結んだ。

 チームは5年連続Bクラスが決まったものの、投手では山岡、山本ら、野手でも高卒2年目の西浦、ドラフト7位・中川を積極起用し、育成に注力した。西村監督は「終盤の連敗の責任はあるが、ありがたく、お返事させていただいた。若手のレベルアップをするしかない」と来季の巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース