広島・赤松 引退会見に菊池涼らの姿「闘病中にうっとうしいくらい連絡してくれて…」

[ 2019年9月22日 15:02 ]

<広島>大勢の報道陣の前で引退会見する赤松。後方には菊池涼と松山の姿も(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・赤松真人外野手(37)は22日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。背番号38のユニホーム姿で会見場に現れて、「あまりこれといった成績も残していないけど、ここまで野球をやれたことは、みなさんの声援のおかげです。ありがとうございました」と感謝した。

 17年1月に胃がん手術。会見場には、同僚の菊池涼や松山も姿を見せた。「闘病中は、結構キツイんですよね。外に出たくなかったり…。そのときに菊池がうっとうしいくらいに連絡をしてくれたんですよね。空元気で対応したんですけど、それが一番励みになった」。

 きょう22日中日戦での引退セレモニーは、台風17号接近のため代替日の27日に順延された。「僕らしいですよね。(2軍)由宇の最後の試合も雨で中止。今日は今シーズンのマツダで初めての雨での中止。でも、延びてみんなと野球できるのでうれしいです」。

 通算867試合、403安打、21本塁打、144打点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース