巨人・阿部 “真っ黒ユニホーム”が後輩たちへの無言のメッセージ

[ 2019年9月22日 06:00 ]

巨人5年ぶりリーグ制覇

8月31日、阪神戦の6回、打球に飛び込んだ阿部
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】無言のメッセージだった。巨人・阿部は8月31日の阪神戦(甲子園)に「5番・一塁」で出場。6回に一、二塁間の打球を横っ跳びしてキャッチ。間一髪アウトにはできなかったが、懸命のプレーでチームの士気を高めた。

 真っ黒に汚れたユニホームをあえて最後まで着替えなかった。「40歳のおっさんが泥んこになっても野球をやるんだと。みんながそれを見てどう思うか」。これから巨人を背負っていく後輩たちに感じ取ってほしかった。

 常勝球団の扇の要を体を張って守ってきた。満身創痍(そうい)。「もうキャッチャーは厳しいから、引退試合でやれればいいよ」と冗談交じりに笑う。今季はまだ捕手出場はないが、勝負強い打撃は健在。グラウンドでの存在感は変わらない。(巨人担当・青森正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース