左膝手術の大谷、すでにリハビリ開始か トラウトも手術成功

[ 2019年9月22日 02:30 ]

オースマス監督(右)にトラウトの術後の様子を聞き「ウニ」の画像を検索する米メディア
Photo By スポニチ

 左膝膝蓋骨(しつがいこつ)の手術を受けたエンゼルス・大谷について、球団関係者が20日(日本時間21日)、「術後10日ほど(23日頃まで)は松葉づえでの生活になる」と説明した。すでにエンゼルスタジアムで治療やリハビリを行っているもよう。

 また、主砲トラウトは同日、右足神経腫の除去手術を受け、ブラッド・オースマス監督が「手術は成功した」と笑顔で語った。全治2週間程度で大谷同様、残り試合は欠場する。(ヒューストン・柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース