巨人ドラ6戸郷、初登板初先発で“流れ”つくった 大役も堂々5回途中2失点

[ 2019年9月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2DeNA ( 2019年9月21日    横浜 )

祝勝会でプラカードをアピールする戸郷 (撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 プロ初登板初先発の巨人ドラフト6位・戸郷は存分に力を発揮した。初回をわずか7球で3者凡退に斬ると、リズムに乗った。自己最速タイとなる154キロの直球とスライダーを軸に4回2/3を4安打2失点、4三振を奪った。

 「初先発で1年目で優勝に携われたというのはめっちゃうれしい。涙出そうやったけど、楽しかったです」

 唯一の失点は3回に乙坂に浴びた2ラン。「1軍は簡単に抑えられるところじゃないと痛感させられた。もっとコントロールをしっかりやっていきたい」と課題を挙げた。まだ19歳。史上初の優勝決定試合での初先発初勝利はならなかったが、勝利には貢献した。祝勝会にも参加。周囲はビールで盛り上がったが「未成年です!!!!お酒をかけないでください!!!」のプラカードを掛けて雰囲気を堪能した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース