慶大153キロ右腕・津留崎 2回完全で先勝 ネット裏では6球団が視察

[ 2019年9月22日 05:30 ]

東京六大学野球第2週第1日   慶大13-4東大 ( 2019年9月21日    神宮 )

<東大・慶大>2番手で好投した慶大・津留崎
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われた。慶大はプロ志望届を提出した153キロ右腕・津留崎大成投手(4年)が2番手で登板し、2回完全の好リリーフ。東大を逆転で下し、今季初戦を白星で飾った。

 5回から2番手で登板した津留崎が2回をパーフェクトに封じ、通算4勝目を挙げた。最速150キロの直球にカットボール、フォークを利かせた。10日にプロ志望届を提出。「(進路を)意識していないわけではないがチームのために投げることを意識した」。ネット裏では6球団が視察。ソフトバンクの福山龍太郎アマスカウトチーフは「球の強さがある」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース