巨人・沢村、連夜の火消し「ぐちゃぐちゃでも何でもいいから抑えたかった」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2DeNA ( 2019年9月21日    横浜 )

力投する沢村(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ピンチを迎えた8回は沢村がしのいだ。1死一塁で救援し、1人目のソトには死球で一、二塁のピンチを招いた。だが続く倉本には満足なスイングをさせず遊ゴロ。ロペスのライナーは三塁正面を突き、無失点で切り抜けた。

 「1点もあげられなかった。ぐちゃぐちゃでも何でもいいから抑えたかった」。王手をかけた前日も7回2死満塁で登板しソトを三振斬りと、勝負どころでの火消しが光った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース