大阪桐蔭“スーパー1年生”関戸、笑顔のデビュー 高知・森木にライバル心メラッ

[ 2019年9月22日 12:12 ]

2019年度秋季大阪府高校野球大会 3回戦   大阪桐蔭13―2岸和田(5回コールド) ( 2019年9月22日    富田林 )

<大阪桐蔭・岸和田>4回から公式戦初登板を果たし2回を無失点に抑えた大阪桐蔭・関戸康介
Photo By スポニチ

 高知・明徳義塾中時代に軟式球で最速146キロをマークした大阪桐蔭の関戸康介投手(1年)が4回から公式戦初登板。2回を投げ2四死球を出したものの、3三振を奪い無安打無失点でデビュー戦を飾った。

 “スーパー1年生”がついにベールを脱いだ。「(練習試合とは)緊張感が全然違いましたし、思ったようにボールがいかなかった」と振り返ったが「先輩たちが優しくリードしてくれて楽しく投げることができました」と笑顔も見せた。先頭打者にはいきなり死球を与えたが、次打者を3球三振。さらに四球を出したが、後続をきっちり打ち取った。5回は3者凡退に仕留め、試合を締めた。

 同じく“スーパー1年生”と呼ばれる高知・森木大智については「目指す目標の人。日本一、世界一になるために超えなければいけない存在」と対抗心をあらわにする。「ライバルとしてお互いに成長していきたい」と将来を思い描いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース