巨人デラロサが胴上げ投手 最速158キロ 圧巻の3連続K締め

[ 2019年9月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2DeNA ( 2019年9月21日    横浜 )

優勝を決め喜ぶデラロサ (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は、1点勝ち越して迎えた10回はデラロサが圧巻の3者連続三振で締めた。この日最速158キロの直球を軸に乙坂、梶谷、楠本といずれも空振り三振でねじ伏せた。

 6月27日に入団し「チームの優勝に貢献できるよう頑張る。先発もリリーフも何でもやる」とフル回転を誓ったメジャー通算26勝右腕がブルペンに厚みをもたらした。終盤になり抑えを任され、大きな8セーブ目を完璧な形で飾った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース