西武・中村 4年ぶり30号アーチ! 8回に反撃2ラン

[ 2019年9月22日 16:34 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2019年9月22日    楽天生命パーク )

西武・中村
Photo By スポニチ

 西武の中村剛也内野手(36)が22日、楽天戦(楽天生命パーク)で8回の第4打席に今季30号アーチを放ち、4年ぶりにシーズン30発を記録した。

 5点を追う8回、2死一塁の場面で第4打席に入った中村。相手先発右腕・石橋の投球を捉え、豪快に振り抜いた打球はそのままスタンドへ消えていった。貴重な反撃弾となる今季30号2ラン。中村がシーズン30発をマークするのは、37本を放った2015年以来、4年ぶり6回目となった。

 中村は、この試合前まで今季132試合に出場して、打率.289、29本塁打、121打点と結果を残し、首位を走るチームに貢献していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース