オリックス・山岡、初タイトルへあと1勝「勝ちを増やしたい」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―1ロッテ ( 2019年9月21日    京セラD大阪 )

オリックス・山岡
Photo By スポニチ

 自身初のタイトル獲得へ望みをつないだ。オリックス・山岡が7回2/3を1失点で12勝目(4敗)。勝率・750はリーグトップで、「勝率第1位」の対象となる13勝以上に、あと1とした。

 「野手の方、中継ぎの方に助けてもらって初めて取れるタイトル。僕はなるべく取れるようにやるだけです」

 セットポジションから投球動作に入った際、そのまま胸元から投じていたフォームを、両腕を高く上げるスタイルに変更。「千賀さんに教えてもらったことの一つで、脱力して、しっかり投げられるものにしました」。西村監督からも「気持ちが伝わってくる素晴らしい投球だった」と称えられた。

 ラスト登板が予想される次戦は27日の日本ハム戦が濃厚。「貯金ができる投手になりたいので勝ちを増やしたい」。来季のさらなる飛躍につなげるためにも、勝ち星をつかむ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月22日のニュース