智弁和歌山のプロ注目捕手・東妻 5季連続聖地で3安打2打点「つなぐ気持ちだった」

[ 2019年8月9日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第3日1回戦   智弁和歌山8ー1米子東 ( 2019年8月8日    甲子園 )

智弁和歌山・東妻(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 智弁和歌山のプロ注目の捕手・東妻は4回に先制の左前打を放つと、1―1の6回には右中間に決勝の適時三塁打。3安打2打点と活躍し「後ろにつなごうという気持ちだった」と話した。

 東妻は黒川、西川とともに、過去に荒木大輔(早実)、桑田真澄(PL学園)、清原和博(同)ら9人しかいなかった1年夏から5季連続出場を達成。プロで捕手として活躍した中谷監督から厳しく指導され、今春の近畿大会・智弁学園戦では初めての途中交代も経験した。「監督は目標で、越えないといけない壁」と話す東妻に指揮官は「僕なんかより将来性がある。でも、まだまだ発展途上」と目尻を下げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース