矢野阪神 激痛1敗…糸井は左足首関節炎

[ 2019年8月9日 22:25 ]

セ・リーグ   阪神5―11広島 ( 2019年8月9日    京セラD )

<神・広>2回2死一、三塁、大山のときに糸井は二塁盗塁タッチアウトになり足を痛め矢野監督(左)と一緒にベンチに戻る (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神は逆転負けでカード初戦を落とし、借金は再び今季最多タイの6となった。

 2回に高山の適時二塁打、糸井の右前2点適時打などで広島のエース大瀬良から4点を先制したが、4回に暗転。先発の高橋遥がメヒアに逆転3ランを浴びるなど一挙5点を失った。3回以降は、打線もなかなか得点を奪えず、9回にもミスが絡んで5点を追加された。

 中軸を担う糸井が2回に二盗を試みた際に左足をベースに強打して試合中に大阪市内の病院へ向かい、左足首の関節炎と診断された。明日10日以降の試合は状態を見て判断される。何とも重苦しい敗戦となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース