DeNA・筒香 5年ぶり三塁で出場 宮崎不在で…ラミレス政権では初

[ 2019年8月9日 17:13 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2019年8月9日    横浜 )

DeNAの筒香
Photo By スポニチ

 DeNAの筒香嘉智外野手が5年ぶりに三塁で出場する。

 8日に宮崎が左手有鉤(こう)骨骨折で出場選手登録を抹消。同日は柴田が三塁で先発出場したが、この日は筒香が「2番・三塁」に名を連ねた。

 筒香の三塁での出場は、14年7月30日巨人戦以来、1836日ぶり。ラミレス政権では初となる。

 チームは前カードの広島戦(マツダスタジアム)で後半戦初のカード負け越し。この日は移動ゲームとなったが、ラミレス監督は「1試合1試合モチベーションの高い試合が続く。中日もいい野球をするのでしっかり戦っていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース