ロッテ10連戦白星締めならず 響いた7回の拙攻 井口監督「しっかり取らないと」

[ 2019年8月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―5ソフトバンク ( 2019年8月8日    ZOZOマリン )

2回1死一、二塁 田村の適時打で生還した角中とハイタッチする井口監督(左から2人目)(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテは10連戦の最後を勝利で飾れなかったが、井口監督は「投手陣は10連戦中よく投げてくれた」とねぎらった。悔やむのは3―4と逆転された直後の7回の攻撃。無死一、三塁としたが、マーティンが空振り三振、さらに1死二、三塁から鈴木の遊飛でスタートを切っていた三塁走者の平沢が封殺され、まさかの無得点に終わった。

 連勝は4でストップし、指揮官は「しっかり1点を取らないといけなかった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース