巨人、序盤に痛い6失点 今村3回途中KO 若林の拙守直後にバレンティンに3ラン被弾

[ 2019年8月9日 19:00 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年8月9日    東京D )

3回、降板する今村(左)とベンチの原監督 (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 巨人・今村が3回途中7安打6失点でKOされた。

 初回1死一塁から山田哲を右方向への飛球に打ち取るも、二塁・若林が落下点を誤り捕球できず(記録は安打)。続くバレンティンに中越え3ランを浴びて先制を許した。2回に広岡、3回には雄平に適時打を許して失点。村上に安打を打たれて無死満塁となったところで降板となった。

 2位・DeNAに1ゲーム差、3位・広島に1・5ゲーム差に迫られている巨人。最下位のヤクルトに序盤で6点差をつけられた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース