ソフトB今宮「思い切って」代打逆転3ラン 連敗ストップで日本ハムに3・5差

[ 2019年8月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―3ロッテ ( 2019年8月8日    ZOZOマリン )

7回1死一、二塁 3ランを放つ今宮 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 魂の一振りだった。1―3の7回1死一、二塁。ソフトバンクの代打・今宮がチェンの初球を迷わず強振した。ファンの待つ左翼席中段に突き刺さる逆転の12号3ラン。バットを手放して、ゆっくりと歩きだした。

 「代打の経験がほとんどないので緊張したが、逆に開き直っていけた」。これまで代打は通算6打数無安打。「ボールを見たら駄目だな、思い切っていこうと思った」という気持ちが乗り移った一発で、3連敗中の嫌なムードを払しょくした。

 昨季痛めた左太腿裏の状態が芳しくなく、慎重な起用が続く。6日に途中交代すると、7日は欠場し、この日も先発を外れた。それでも室内でのフリー打撃、守備練習をこなして出場を直訴。「止めるのが僕らの仕事」と話す工藤監督の決断に従ったが、もどかしい表情は隠せず。ここぞの1打席で、プレーできる喜びを表現した。

 「(本塁打は)めちゃくちゃ緊張して覚えていない。帰って映像を見て余韻に浸りたい」。負ければ6年ぶりにロッテ戦のカード負け越しが決まる試合に勝利。2位・日本ハムが敗れたため、ゲーム差を3・5に広げた。ヒーローは「(体調は)万全とはいかないけど、残り試合も少ない。次の週から全試合出られるようにしたい」と意気込んだ。 (後藤 実穂)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース