レッズ・バウアー 親交あるダルとの投げ合い「翌日に話せると思う…楽しみ」

[ 2019年8月9日 18:07 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が8日(日本時間9日)、シンシナティのグレートアメリカン・ボールパークで、気温32度の暑さの中、キャッチボールなど軽めに調整した。引き上げる際には、親交があり、同日に初めて投げ合うバウアーの打撃練習に目を向ける場面もあった。

 今夏、インディアンスからレ軍にトレード移籍したバウアーは練習前に「明日は投げ合うから、それまでは話さない。登板翌日の土曜日に話せると思うし、楽しみにしている。彼にはぜひ左投げのコツを教わりたいね」と笑顔で話した。この日、カブスはレッズに12―5と圧勝、首位の座を守っている。(シンシナティ・奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース