巨人・菅野、自己ワースト5戦勝ちなし 7回1失点好投も救援陣追いつかれ

[ 2019年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―3中日 ( 2019年8月8日    ナゴヤD )

打球を捕球できず謝る岡本(右)をグラブで制する菅野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 エースの勝ち星は消えてしまった。3―1の8回2死一、三塁。巨人・中川がアルモンテに左中間2点二塁打を浴びて同点にされた。打線も6回以降は無安打と沈黙し、今季2度目の引き分け。中川は「こういう結果になってしまって申し訳ない」とうなだれた。

 先発・菅野は復調気配を見せた。試合前まで防御率4・09だったが、最速153キロの直球、変化球ともに制球抜群で中日打線を抑え込んだ。「ある程度は投げられてきていると思う。調子はだいぶ上がってきている」。中5日となる14日の広島戦を見据え、7回3安打1失点で救援陣に託したが、リリーフエースの左腕がまさかの失点。菅野はこれで自己最長となる5試合連続勝ち星なしとなった。

 6カード連続で勝ち越しはできなかったが、負け越しは阻止した。原監督は9回以降は抑えた救援陣を称え、「価値ある引き分け。しっかり守った。負けなかったのは評価できる」と次戦を見据えた。 (青森 正宣)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月9日のニュース