DeNA、広島に完敗もラミ監督自信「まだ勢いはある」

[ 2019年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―4広島 ( 2019年8月8日    マツダ )

7回無死、ソト(右)が三振に倒れ厳しい表情のラミレス監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 DeNAは今季初対戦の野村の前に8回までわずか1安打に封じられ、9回にフランスアから筒香の二ゴロの間に1点を返すのがやっと。後半戦初のカード負け越しとなった。ラミレス監督は「タフな投手。今日は今季ベストと言っていいくらい良いピッチングだった」と相手右腕を称えた。

 首位の巨人とは1ゲーム差に開いたが、9日からは本拠地に戻って中日との3連戦。「最低でも2勝1敗。まだうちのチームに勢いはあると思う」と自信を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース