巨人、ベテラン亀井がきっちりサヨナラ犠飛 ベンチで予告していた「いいとこ取りしてくる」

[ 2019年8月9日 22:25 ]

セ・リーグ   巨人10―9ヤクルト ( 2019年8月9日    東京D )

10回1死満塁 亀井のサヨナラ犠飛に喜ぶ岡本ら巨人ナイン (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人・亀井が延長10回にサヨナラ犠飛。37歳のベテランがきっちりと仕事を果たした。

 9―9の同点で迎えた延長10回1死満塁に代打で登場。カウント2―2からファウルで3球粘り、マクガフが投じた8球目のフォークを左中間に打ち上げた。

 お立ち台で「“いいとこ取りしてくるから”とベンチで言っていた」と明かした亀井。最大7点差をひっくり返す大逆転勝利に「この点差を追いつけたことは自信にしたい」と喜びもひとしおだった。

 前日の中日戦で両足に自打球を当てた影響でベンチスタート。「あしたは出ます!」と力強く話し、ファンを安心させていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース