西武マーティン“自爆” 辻監督あきれ顔「ノーヒットで4失点って初めて見た」

[ 2019年8月9日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―11楽天 ( 2019年8月8日    大宮公園 )

延長11回無死一、二塁、渡辺佳の送りバントをマーティンが三塁に悪送球(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武は5時間を超える死闘も、投手陣の自滅で敗れた。

 延長10回に土壇場で同点に追い付いたが、直後の11回に7番手・マーティンが連続四球でピンチを招き、自身の失策で勝ち越し点を献上。その後、8番手・森脇が2度の押し出し四球を与えるなど、この回無安打ながら4失点。辻監督も「ノーヒットで4失点って初めて見た。どうしようもない」とあきれ顔だった。チームは再び4位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース