巨人・坂本勇 セ30号一番乗り!2010年以来9年ぶりの大台到達

[ 2019年8月9日 19:16 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年8月9日    東京D )

<巨・ヤ>4回1死、ソロ本塁打を放つ坂本勇 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(30)がヤクルト戦(東京D)の4回に左越えソロを放ち、セ・リーグ30号一番乗りを果たした。坂本勇のシーズン30本塁打は自己最多31本を放ったプロ4年目の2010年以来9年ぶり2度目。

 坂本勇は0―7で迎えた4回、ヤクルト・小川から左翼スタンドへ叩き込んだ。

 7月19日の広島戦(マツダ)で左腕・レグナルトから右越え29号ソロを放って以来の一発。昨季本塁打王のDeNA・ソトが7日の広島戦(マツダ)で先制の29号2ランを放って並ばれていたが、30号は一番乗りを果たした。

 ▼巨人・坂本 打ったのはチェンジアップ。うまくバットにのせれたね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月9日のニュース