中日ドラ3・勝野 プロ初勝利の権利を持って降板 6回2/3を3安打1失点

[ 2019年5月24日 20:50 ]

セ・リーグ   中日ーヤクルト ( 2019年5月24日    神宮 )

中日先発の勝野(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト3位の勝野昌慶投手(21)が24日、ヤクルト3連戦初戦に先発し、プロ初勝利の権利を持って2番手・谷元にバトンを渡した。

 プロ2試合目のマウンド。チームは昨季から神宮球場で4カード連続負け越しているが、ルーキーが“鬼門”で気迫の投球を見せた。立ち上がりから3番・雄平を空振り三振に仕留めるなど完璧な立ち上がり。7回にバレンティンに被弾し1点を失い、2死一塁、中村に四球を許したところで降板した。被弾こそしたが、山田哲、青木らヤクルトが誇る強打者から三振を奪うなど5奪三振の貫録を見せた。

 5月17日のプロ初登板では黒星こそついたが6回を4安打3失点とまとめた。この日も立ち上がりから3番・雄平を空振り三振に仕留めるなど完璧な立ち上がり。ヤクルト打線をわずか3安打に抑えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月24日のニュース