“スギノール”さっそくウグイス嬢にいじられた「大変暴力的な打球が…」

[ 2019年5月24日 18:18 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2019年5月24日    メットライフD )

23日の楽天戦の5回1死、本塁打を放った杉谷(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 「スギノール」が早速いじられた。

 日本ハムはこの日、敵地・メットライフドームで西武戦。となれば、練習中のウグイス嬢による「杉谷いじり」はお約束だ。

 杉谷は前日の楽天戦で、プロ野球史上19人目の1試合左右打席本塁打をマークしたばかり。この日の練習でフリー打撃を開始すると「皆様、お待たせいたしました。昨日も球界大熱狂の右左、2打席連続ホームラン。大活躍のノンフィクション、プロ野球史に颯爽とその名を刻みました杉谷拳士選手がバッティング練習を行っています」と切れ味満点のアナウンスが入った。

 日本ハムでの1試合左右打席本塁打は、07年のフェルナンド・セギノール以来。前夜は杉谷自ら「スギノールと呼んで」とノリノリだったが、もちろんウグイス嬢もその点を突っ込んだ。

 「皆様、噂のケルナンド・スギノール選手にご注目下さい」と続けてスタンドの笑いを誘った。

 最後には「キュートなフォルムとは裏腹に、大変暴力的な打球が本日は絶え間なくスタンドに飛び込む恐れがございます。皆様今こそ抜かりなく、杉谷選手の打球の行方に十分ご注意下さい」とアナウンス。ファンからは大きな歓声と拍手が起こった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月24日のニュース