阪神・近本、躍動3安打でサヨナラ呼んだ 守備でも好プレー連発

[ 2019年5月24日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―0ヤクルト ( 2019年5月23日    甲子園 )

6回1死、近本は三塁内野安打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 猛虎のドラフト1位の快速を攻守で存分に披露した。近本が2本の内野安打を含む3安打。抜群の守備範囲を生かした好プレーも連発した。

 「風とか打者の打球の質とかを考えながらイメージして、いいポジショニングができたのがよかった」

 チームの危機を救ったのが6回だ。1死一塁からバレンティンの右中間への痛烈な打球に追いつき単打で防ぎ、一走・青木の生還を許さない。2死一、三塁からは村上の左中間への大飛球を一直線に追いかけ、ジャンピングキャッチした。

 自慢のスピードは打席でも発揮した。初回に遊前内野安打。3回に右前打すると、6回には三塁前へ内野安打し、17試合ぶりの今季4度目の猛打賞を決めた。内野安打は2本ともバットを振り抜いた結果、ゴロが大きく弾んだものだった。「当てにいく打者じゃないので。しっかり振り抜くことが大事と思ってやっています」。4打数3安打で打率・289まで上げ、13盗塁はヤクルト・山田哲と並ぶリーグトップだ。

 開催要項が発表された今夏球宴の投票用紙に3位の木浪とともにノミネート。全セを率いる広島・緒方監督が父の死去のため欠席した会見では全パの西武・辻監督から「1番打者として守備、足と素晴らしい」と絶賛され、全国的な注目に応える躍動だった。阪神新人が出場すれば16年高山以来だ。特に第2戦(7月13日)は本拠地・甲子園が舞台。24日からファン投票が始まり、地元での夢舞台まで一気に駆け抜ける勢いだ。(山添 晴治)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月24日のニュース