矢野監督と一問一答 西は「一番状態が悪かった…この球場で2点は御の字だよ」

[ 2019年5月24日 22:39 ]

セ・リーグ   阪神3―2DeNA ( 2019年5月24日    横浜 )

<D・神>6回1死満塁、マルテの左犠飛で同点に追いつきガッツポーズを見せる矢野監督(中央)ら(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 阪神はDeNAに3―2で逆転勝利し、今季2度目の4連勝。貯金を今季最多の4とした。

 ▼西の評価 (打席が)回って来なかったら、まだ行くという気持ちでいたんだけど。でも最後の力を振り絞ってね。筒香に行ったところは、やっぱりさすがや。きょうの西は一番状態が悪かったと思う。球種も使えるボールが少なくなってしまってたんでね。それでも、この球場で2点は御の字だよ。

 ▼ジョンソンの温存に成功 1年間を戦ううえでね。いろいろなことがある。球児もこれで3連投目。そのなかで、守屋なんかもピシャといってくれて能見も責任を果たしてくれてね。手汗は1リットルかいたわ。めっちゃ手汗かいたわ(笑い)。

 ▼8回はジョンソンという選択肢 そらあるよ。あるけど、球児もね。ランナー出しながらも別に状態は悪くなかった。1年間の中ではいろいろとある得るんでね。経験もあるし。そこは、きょうは迷いなく行った。

 ▼大山4番の仕事 やっぱり勝負どころで回ってきてね。向こうは広く行きたいところ。アレ、チェンジアップだったんかな。わからんけど。それを拾えたのは4番の仕事。ユウスケ自身もああいうところで打ってと思っていると思う。なかなか景気よくガンガン打ってというところではないけど、こうやってみんながつないでね。

 ▼貯金は最多4 俺らは目の前の試合を頑張る。結果は増えたり減ったりするし。きょうを全力でやれたんで。あしたも全力で。

 ▼5回は梅野が筒香相手に好リード 西とうまく2人で抑えに行っている部分はある。ヤクルト戦なんかは、すごくリュウが引っ張っているところがある。昨日も言ったかもしれないけど、こういう試合を乗り越えられるとキャッチャーはすごく成長するんでね。梅野の力も大きい。

 ▼救援陣は盤石 そういう形(日替わり救援)にしていかないとなかなか1年間、苦しんでね。まあ、まあ明日はたくさん打ってもらいましょう。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月24日のニュース