阪神・西 初回被弾も粘投5回2失点

[ 2019年5月24日 20:18 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2019年5月24日    横浜 )

<D・神>5回2死一、二塁、筒香を空振り三振に仕留め、雄叫びをあげてガッツポーズをする西勇輝(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・西が5回6安打2失点で降板した。初回、2死一塁から筒香に左翼へ先制の2ランを被弾。出鼻をくじかれたものの、2回以降は走者を背負っても粘りの投球で追加点は与えなかった。

 5回2死一、二塁のピンチでは一発を浴びている筒香を空振り三振に斬って、派手なガッツポーズ。6回表の攻撃で2死満塁の場面で打席が巡ってきたため、代打・中谷が送られて5回限りでマウンドを降りることになった。開幕から9試合目の先発登板で今季最短となる5回降板も試合は作り、意地は見せた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月24日のニュース