DeNA 天敵討ちへ4番・筒香が先制2ラン!前夜4三振の悔しさ晴らした

[ 2019年5月24日 18:37 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2019年5月24日    横浜 )

<D・神>1回2死一塁、先制左越え2ランを放つ筒香(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAが4番の一振りで先制点を奪った。

 初回2死一塁。筒香は西の高めの直球を逆方向に運び、阪神ファンで埋まる左翼席中段に突き刺した。11号2ランに「先制することができうれしいです。アウトコースのボールに対して素直にバットを出せ、力強く捉えることができました」とうなずいた。前夜は5打数無安打4三振に終わっていた主砲だが、ラミレス監督が「どんな打者でもああいう日はある。今日はやってくれると思う」と話していた通り、第1打席から結果を残した。

 試合前まで、阪神には6連敗中。さらに相手先発の西には、オリックス時代から7度対戦して一度も土を付けることができていない。天敵相手に放った大きな一発で、エースの今永を勇気づけた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月24日のニュース