DeNA、阪神戦7連敗…筒香先制弾も逆転負け ラミレス監督「戦い続けるしかない」

[ 2019年5月24日 21:41 ]

セ・リーグ   DeNA2―3阪神 ( 2019年5月24日    横浜 )

<D・神>8回無死一塁、オーバーランでタッチアウトとなった桑原(1)の向こうで厳しい表情のラミレス監督(右)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 DeNAは逆転負けを喫し、阪神戦の連敗は7に伸びた。

 初回に筒香の2ランで先制したが、先発の今永が7回3失点で今季2敗目。ラミレス監督は「ゲームのスタートは非常によかったが…。今永は負けはついたが良い仕事をしてくれた」と振り返った。

 これで阪神戦は2勝8敗。「勝ったり負けたりするのが野球だが、とにかく戦い続けるしかない」と切り替えを強調した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月24日のニュース