中日・勝野プロ初勝利 与田監督も称賛「安心して見ていられた」

[ 2019年5月24日 22:36 ]

セ・リーグ   中日6―1ヤクルト ( 2019年5月24日    神宮 )

<ヤ・中>プロ初勝利のウイニングボールを手にしたファンに手を振る勝野(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日の先発・勝野が6回2/3を3安打1失点の好投でプロ初勝利を手にした。

 「たくさんのファンの前で初めて勝つことができて嬉しい。自分の持っている球を自信をもってストライクゾーンに投げ込めたので良かった」

 序盤から直球主体の投球でヤクルト打線を翻弄。許した失点はバレンティンのソロ本塁打のみだった。

 昨秋、三菱重工名古屋のエースとして社会人日本選手権で初優勝し、MVPを獲得した社会人No・1右腕。

 チームの連敗を2で止め、7カードぶりに初戦を白星で飾る好投に与田監督も「素晴らしかった。粘り強いピッチングで安心して見ていられた」と称賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月24日のニュース