DeNA大貫、初東京Dで6失点KO「ゲームつくることができず申し訳ない」

[ 2019年5月24日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4―7巨人 ( 2019年5月23日    東京D )

4回、連打を浴びてKOされた大貫(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DeNAはドラフト3位・大貫が4回途中6失点で3敗目を喫した。東京ドームでのプロ初登板、2度目の巨人戦登板は3回まで無失点も、4回に5連打含む7安打を集められKO。「ゲームをつくることができず、早いイニングで降板する結果となり、チームに申し訳ない」と肩を落とした。

 勝てば単独最下位脱出だったが連勝が4でストップ。ラミレス監督は「先にチャンスをつくっていたところで先制できていれば違った展開になった」と振り返った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月24日のニュース