阪神 巨人に通算8連敗…零敗にも矢野監督「前向いて頑張る」

[ 2019年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0―2巨人 ( 2019年4月20日    甲子園 )

<神・巨>矢野監督は巨人に零封負けしスタンドの観客にあいさつし厳しい表情で引き揚げる(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 阪神は20日、巨人に0―2で敗れ今季2度目の零敗を喫した。今季最多4万6462人の観衆で膨れあがった甲子園が、またしてもため息に包まれた。巨人先発・ヤングマンを攻略できず8回まで散発3安打で無得点。9回は先頭の大山が相手守護神クックから右前打し一発出れば同点としたが福留が二ゴロ併殺打。最後は中谷が力ない遊ゴロに終わった。前日19日の守乱の次は貧打……。矢野監督も唇を噛んだ。

 「2回チャンスがあったところで、点を取れなかった。それがこういう流れをつくってしまった。言いわけにはならないのでね。結果を受け止めて頑張ります」

 初回が大きなポイントだった。近本の内野安打と好走塁で無死三塁。糸原は凡退も打席には糸井。巨人内野陣は遊撃・坂本勇は前進守備で二塁・山本は最初は定位置。だが、2ボールから見逃し、空振りでカウント2―2になると前進守備に変わり、糸井は平凡な二ゴロ。近本は動けずアウトカウントだけが増え、続く大山も倒れた。清水ヘッドコーチも相手守備陣形に、してやられたことを悔いた。

 「先手を取るのと取らないとでは違うからね。きっちり相手の守備にはまっちゃったね。(糸井の打席で)セカンドを下げていたけど、追い込まれてから前に出てきたところに行ってしまった」

 3回も1死二、三塁の好機を築いたが、糸原は投ゴロに倒れ糸井は3ボールから一度もバットを振ることなく見逃し三振。反撃の機運は瞬く間にしぼんだ。指揮官は「目で見ないとわからない部分もあるし、そんなに(攻略が)簡単だとは思っていない。さっきも言ったように、2回のチャンスで点を取れなかったというとこやね」と個人名を挙げることなく序盤の逸機を悔やんだ。

 巨人戦は昨季から1分けを挟んで8連敗となり、年をまたいで宿敵の後塵(こうじん)を拝している。21日は平成最後の「伝統の一戦」。これ以上、負けは許されない。2連勝中の西を先発に立て必勝を期す。

 矢野監督は視線を前に向け、力強い言葉で締めた。「毎日、結果を踏まえながら前に進んでいかないといけない。反省する、改善するってことはもちろんだけど、前を向いて頑張ります」。新元号「令和」で輝くためにも、虎の意地を見せたい。(吉仲 博幸)

 ≪平成初の屈辱≫阪神の巨人戦開幕5連敗は87年の球団ワースト7連敗以来で、平成年間(89年~)では初めて。昨季9月8日から1分けを挟む8連敗は12年5月6日から9月4日にかけての2分けを挟む9連敗以来。甲子園の巨人戦に限っても昨季7月16日から1分けを挟む8連敗で、こちらは16年4月26日から9月8日にかけての1分けを挟む9連敗以来となった。チームは今季甲子園でのカードを
 4・9~11=DB○●●
 4・12~13=中日●●○
 4・19~21=巨人●●?
で開幕からすべて負け越している。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月21日のニュース