中日後味悪い勝利…与田監督「審判が見てないように見えた」 判定覆るも意見書提出へ

[ 2019年4月21日 18:48 ]

セ・リーグ   中日7―5ヤクルト ( 2019年4月21日    ナゴヤD )

<中・ヤ>5回表1死二塁、二塁塁審がプレーを見ずにセーフと判定し、激怒して詰め寄る与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は接戦を制し、ヤクルトに勝利。3カード連続の勝ち越しを決めたが、後味の悪さが残る試合となった。

 5―4の5回1死二塁。上田の飛球を二塁手・堂上がキャッチ。二塁走者・雄平が飛び出していたため、すぐさま二塁ベースカバーに入った京田に送球し、併殺を狙った。

 雄平の帰塁よりも先に京田のグラブにボールが収まったように見えたが、二塁の今岡塁審はセーフの判定。

 ただ、今岡塁審は二塁ベースでの当該プレーを確認していないように見えた。与田監督は「我々には審判が見てないように見えた。それでジャッジしてもらうのはよくない」とベンチを飛び出し、審判団に確認を求めた。

 しかし、審判団から「『1回したジャッジはどうもできない』と言われたので、私からのリクエストとなった」と中日側のリクエストによるリプレー検証を実施。結果、判定はアウトに覆り併殺が完成となった。

 試合後、責任審判の吉本一塁塁審は「我々としてジャッジを出している。異議があるなら、リクエストしてくださいと与田監督にお伝えした」と説明。

 その上で今岡塁審の判定については「彼が下したジャッジ。答えようがない」と当該プレーを見ていたかどうかについては言及を避けた。

 中日の加藤球団代表は試合後に「審判が見ていないのに判定するのはどうかということで、NPBに意見書を出す」と明かした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース