菊池雄星 感謝のメジャー1勝「野手、救援陣に助けてもらった…やっと1勝できました」

[ 2019年4月21日 15:53 ]

ア・リーグ   マリナーズ6―5エンゼルス ( 2019年4月21日    アナハイム )

エンゼルス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星投手(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池雄星投手(27)が20日(日本時間21日)、敵地アナハイムでのエンゼルス戦にメジャー6度目の先発。5回10安打4失点の粘投で、ついにメジャー初勝利を挙げた。チームは6―5で勝利し3連勝となった。

 6度目の登板でようやく待望のメジャー初勝利を手にした菊池は試合後「苦しい展開になりましたけど、本当に野手のみんな、救援陣に助けてもらった感じですね」と振り返った。そして、反省を忘れずに「まだまだ始まったばかりですし、1勝はうれしいですけど、課題はたくさんありますんで、次に向けて頑張りたいです」。

 メジャー屈指の強打者、トラウトを直球で3球三振に仕留めたことは「ああいうバッターをこれから抑えていかないと勝ちはついていかないので、今日は良い結果になったと思いますし、粘り強くこれからも投げていきたいです」と自信になった様子。

 日本、そしてシアトルのファンに向け「本当に6試合目で勝ったということで、なかなか勝てずに良い報告ができていなかったんですけど、やっと1勝できましたんで、これから応援してもらえるように頑張りたい」と誓っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース