広島 床田、7回1失点トップタイ3勝、屋外デーゲームまた白星

[ 2019年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   広島9―2DeNA ( 2019年4月20日    マツダ )

<広・D>3勝目を挙げた広島先発の床田(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・床田のギアチェンジした姿には、貫禄すら漂う。3回、先頭の投手・井納に右前打され続く神里には三塁へのバント安打を許し無死一、二塁。「点を取られたくなかったので、開き直って投げた」と桑原を内角直球で見逃し三振。ソト、筒香にはツーシームでともに空振り三振を奪う3者連続三振で流れを呼び、直後の先制点につなげた。

 失点は、6回1死から筒香に浴びた右越えソロによる1点のみで7回を投げ終え、救援陣に後を託した。プロ初完投勝利を飾った前回13日DeNA戦(横浜)での手応えそのままに「ツーシームが良くなかったけど(攻め方は)そのままいこうと思った」と、同じ戦法でも相手を寄せ付けなかった。

 リーグトップに並ぶ3勝すべてが屋外でのデーゲーム。「ナイターとドームのときは、コンタクトを付けないと見えないんですよね」。普段は裸眼でも、視力は左右ともに0・6と微妙。「めがねをかけたら負けと思っていた時期もあります」という不思議な価値観で、コンタクトも付け慣れていない。唯一、不要な屋外のデーゲーム登板で三たび、力を発揮した。

 緒方監督は「前回同様に試合を作ってくれた」と評価。チームの勢いをさらに加速させるには、3年目左腕の好調維持が欠かせない。(河合 洋介)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月21日のニュース