早大 大阪桐蔭出身ルーキー中川がリーグ戦初安打!小宮山監督も祝福「よかったね~」

[ 2019年4月21日 17:51 ]

東京六大学野球春季リーグ戦第2週第2日   早大8―2東大 ( 2019年4月21日    神宮 )

 早大期待のルーキーがうれしい初安打だ。昨年の大阪桐蔭の全国制覇メンバーの1人、中川卓也内野手(1年)が9回、先頭で中前打。10打席目にようやくリーグ戦初安打が飛び出した。

 「悪い打席が続いている訳ではなかったので、ようやく出たかなという感じです。早く1本出したいと思っていたのでよかった」。

 デビュー戦だった前日の1回戦は5打数無安打。この日も7回に四球で出塁していたが、4打席無安打で9回の打席を迎えた。東大・小林大の変化球をきれいに中前へ運んだ。

 先に行われた明大―立大戦で、大阪桐蔭でチームメートだった山田健太内野手(1年)が代打でリーグ戦初アーチも「試合前だったので、自分は自分の試合、と思っていた」と話した。

 6番・一塁で起用するルーキーの初安打に、小宮山新監督も「よかったね~。(結果が)出る出ないで違うので、来週末(の明大戦)に期待したい」とうれしそうだった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース