日本ハム・吉田輝 イースタン戦で“真っ向勝負”の3回1失点

[ 2019年4月21日 14:14 ]

<イースタン ヤ・日>イースタンのヤクルト戦に先発した吉田輝。3回を投げ1失点(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が21日、埼玉・戸田で行われたイースタン・リーグのヤクルト戦に先発し、3回5安打1失点だった。

 初回は1死一塁から奥村を内角の直球で見逃し三振、広岡を右飛に打ち取り、切りぬけた。

 しかし2回に先頭の中山から右前打を浴びると、その後1死一、二塁として古賀に適時右前打を打たれた。3回は先頭の渡辺に左前打を浴びるも、後続は断ち無失点。走者を出しながら、なんとか最少失点に抑える内容だった。

 吉田輝はこの試合にに臨むにあたり、「前回(13日のロッテ戦)は、変化球に頼ろうとしてしまった。わかっていても打てないような直球を目指したい」と話しており、前半は投じたほとんどの球種が直球で、真っ向勝負で向かっていった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース